×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高梁歴史人物辞典


■人名事典本文は左側フレーム「索引」からご覧ください■

フレームが表示されない場合はこちらの索引から

「高梁歴史人物辞典」について

(特設)松山藩の新撰組隊士

凡 例(この辞典のきまり)
必ずお読みください

参考文献

メール ご意見ご感想はこちらまでお願いします

このページは平成18年6月に作った本『高梁歴史人物辞典』(非売品)をインターネット上で閲覧できるようにしたものです。
著作権は著者に帰属します。
無断転載を禁じます。
リンクは歓迎しますが、メールでお知らせください。



■訃報■
平成20年6月10日、高梁市出身の映画評論家水野晴郎さんがお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りします。


■現在は、「有漢の人物辞典」を準備中です■
■平成20年2月14日 金岡 助九郎を改定しました■
■平成20年2月20日 塩田虎尾加納格太郎を追記しました■

■ちょっとメモ■
平成20年4月22日発行の岩波新書 三浦雅士著『漱石 母に愛されなかった子』に
山田方谷に師事した三島中州の設立した二松学舎と夏目漱石の関係について書かれています。(56頁〜)
漢学を学ぶことにした若き漱石が二松学舎を選んだ理由が分析されています。
当時の二松学舎の学風やカリキュラムにも言及されています。
漱石評論で、養子に出された漱石の心理から作品を読み解き、説得力のある一冊。
よみごたえもあります。